子供の英会話学習の意義|英会話が上達するには

子供の頃から英会話を学ぶと英語の音の聞き分けが出来る耳が養えます

当たり前の話ですが、産まれた直後の赤ちゃんは、まだ言葉が身についていません。無垢な状態で産まれ、その後の生育環境によって多様な知識を身につけていくのです。言語もその一つで、日常的に接している養育者が応用する言葉やテレビなどから入ってくる発言を聞き、少しずつ覚えていきます。芽生えてからたった数年で他者と会話が出来る状態になるわけですから、乳幼児期の言語の吸収能力がいくら優れているか分かります。日本では、多数の一般家庭で日本語の使い手が養育者として子供を育てています。

すると子供は日本語を母語として覚えるようになり、日常のコミュニケーションに使用することになります。だけど、言語習得の家庭で異なる言語にも触れさせるようにすると、日本語だけでなく他の言語に対する習得も早まります。たとえば、乳幼児期から英会話スクールなどを使用して英語に触れさせてあげると、英語というものも身に付きやすくなるのです。グローバル化社会で英会話が必須だと言っても過言ではありません。仮に英会話が出来れば、世界中の沢山の人と共通の言語を用いて交流することが可能です。

大人になってから英語を勉強してマスターする人もいますが、日本語と英語では使われている音が違います。そうした音の聞き分けは、耳が日本語の音に慣れる前から英語を身近に聞いていないとなかなか覚えられません。発音も同様です。つまり、効率的に英会話をできるようにする為には、子供の頃から英会話学習をしておく必要があるのです。子供の耳は柔軟で、細分されている英語の母音もきちんと聞き分けることが可能です。

むろん、聞き分けが出来ているので、発音などにも注意を向けることが出来ます。

自分自身の発音などに対してきちんと意識をすることにより、正確な発音も身に付きやすくなります。大人が今までに作り上げてしまった日本語の概念を活用して英会話を習うより、自ずと言葉として英語に携わっている方が、ネイティブな英語は身に付きやすいものなのです。物事の吸収が早くて、耳も脳も柔軟な子供の時から英会話を学んでおけば、現地人クラスの英語も早い時期にマスター出来ることでしょう。