住まいを買うか賃貸にするのか|暮らしを楽しもう!不動産情報

シュミレーションしてみると良い

住まいを買うか賃貸にするのが良いかを比較する際に大変計算するのは金額です。総合的に検討すると、借りた場合でも分譲物件でも大まかな異なりは少ないようです。しかし、賃貸物件は住んでいる間ずっと賃貸料金の工面が必要とされます。購入した際はローンの支払いが終わるとその負担はしなくて済みます。なお、近々、結婚や出産などで環境が変わることもシュミレーションしてみると良いと思います。賃貸料金の住宅は狭くなったら移る時もあり、その都度引っ越し費用などが必要になります。

転勤の有無や家族環境の予定など個々で異なるので、こうだと比較するのはしづらいのですが、今借りている賃貸料や更新料などの経費を調べてシュミレーションすると良いと思います。

電気の請求は電力会社に使い始めの日を電話連絡する必要があります。ガスも同様です。引っ越し日にガス会社の担当者が現地で作業してくれますよ。転居日に作業してもらうなら家具を搬入する時間帯を考えて作業時間を指定しておくと楽です。

水道は入居日を申告すると使用可能になります。それぞれの問い合わせ先は事前に不動産会社から紙をもらうことがあるのでそれらをチェックして作業をすすめると良いでしょう。もし、アドレスが曖昧な時はインターネットで確認するとあっという間に分かります。引っ越し当日から使うことなので忘れたりないようにあらかじめそれぞれに手続きするよう留意しておくと良いです。プランを立ててすすめると大丈夫だと思います。