比較検討して決める行う|物件検索のコツ

賃貸住宅や中古の物件

家を決める時には、賃貸にするか売っている家を探すかで考えてしまうのもひとつの方法ですよね。高すぎる家賃を払い続けても自分のものではない賃貸は無駄だという考え方もあり、持ち家にしても大半は何十年もローンを続けていく現実ですし、住宅ローン以外で固定資産税の支払いや先のリフォーム費用なども入れるとかなりの高額な買い物となっていきます。賃貸のマンションなら管理費や積立修繕費が別にかかるので月々の家賃のみではないですし、契約するための敷金や礼金も必要です。自分の生活様式をよく考えて、予算面も考慮して賃貸にするか買って住むのかをしっかりと考えていうのが大切です。

家賃以外に、敷金礼金という名前の支払いも発生します。

前家賃も考えるとそうとうな金額を最初に支払う事になります。資金を多めに出す必要があるのです。敷金というお金は所有者に支払っておき、退去の際の修繕にお金が必要になる場合にこのお金から使っていきます。基本的には戻ってくる意味合いのお金です。礼金というのは家を借りる際のお礼ということでそのまま戻りません。

家賃が高ければそれと同じでこれらは家賃×何か月分となる金額なので高くなります。予算ギリギリの引っ越しでは敷金礼金を準備していないと大変です。きちんと把握して事前に多めに用意しておきましょう。

中古物件等の場合、必ずカギを交換するようにさせましょう。賃貸の家は初めて入居する人以外は過去の人が必ずいます。

入居を決めた時に必ず前の居住者の時のカギを新しくしたかしていないか聞くことが重要になります。防犯の意味でも必ず調べて同じ鍵なら不動産会社負担で変えてくれるように依頼しましょう。言いにくくてもこの先の安心で安心のために必要な事なので精一杯やって下さい。自宅のカギは自分の大切な財産と命を守る大切なとなるので簡単にあきらめはしてはダメです。自己負担で鍵交換になるとしたら何万円もかかってしまいますからとても大きな出費となってしまいます。