マンションの鍵をなくしてしまったときは?

ホームセキュリティの肝心なところはまず鍵まわりが上げられます。一戸建てにしろマンションにしろ鍵による施錠対策は防犯上最も重要な事です。これは、賃貸でも持ち家でも大切なポイントです。特に賃貸住宅の場合鍵の方策は必ず行いたいです。

入居時に鍵の交換といったことを行うことが多いですが、自動施錠ではないマンションの場合、私有地ではないところで不特定多数の立ち入りが容易になってしまいます。
さらに都市型の集合住宅では近隣にどのような入居者がいるのか把握していないケースもよく見られます。こういった状態は防犯上も好ましくなく、めいめいでしっかりとした対策を行い安堵できる暮らしを送りましょう。

まず良くあげられる対策として鍵を二重ロックにする方法があります。空き巣などの措置として玄関のドアに鍵が沢山ついているだけで進入のブレーキにもなります。
とはいえこの方法は持ち家のマンションなどでは鍵の設置を自分自身の独断で行えますが、賃貸マンションの場合に大家さんの許可が必要になります。

それに退去時に現状復帰条件がついている場合には鍵の追加工事費だけではすまずドアの工事代金まで必要となるケースも想定されます。そこで賃貸マンションでの味方となるのが工事不要の補助鍵を取り付ける方法です。

品ぞろえが多いホームセンターなどには建物を傷めずに設置できる補助鍵が売られています。
これらをはじめからついている鍵の近くの目立つ場所に設置する事でビジュアルな抑止力になりますし、実際に侵入しようとした場合にも戸に備え付けの鍵だけでは開かないので防犯的にもすこぶる有効です。これらの補助鍵はたくさん製品が売られており、簡易的な数百円で購入が可能な物から防犯のための安心できるものでも数千円程度で購入が可能です。当然デザインに関しても優れた製品が数多くあるのでマンションのドアにあわせた控えめな防犯措置が可能となります。少しの労力とお金で安心できることを考えるとぜひともやっておきたい対策です。