鍵の紛失した時は専門業者へ依頼

「鍵を失ってしまった」という事態は、出来れば出会いたくない事態と言えますが、そのような場合に直面しても良いように、その際の対応方法や事前の対策をとっておくことが望まれます。この鍵を紛失した際の備えは一人暮らしで賃貸住宅に暮らしている場合と、家族と実家で同居している場合とでは異なりますので、それぞれの対処のポイントをご説明します。

最初に一人暮らしの環境で鍵を紛失した場合、一番に連絡すべきは、賃貸している住居を管理している不動産管理会社です。どういう事かと言うと「自分の鍵」をなくしたのではなく、「借りている鍵」を紛失してしまったと言える状況だからです。
この場合、管理会社に合い鍵がありますので、落ち着いて管理会社の指示に従うようにしましょう。この場合には、仮にスペアキーは住居に置いていたので無事であれ、紛失した鍵が取得されることで泥棒等に入られる危険性が生じますので、多くは鍵とドアノブ部分を取り替えると言うことになり、その負担は鍵を紛失した責任がある自分が責任をとらなければなりません。

そういうことで一人暮らしの場合は、特に鍵自体を紛失しないように持ち歩くときに注力することが大切です。鍵にチェーンを付けもう一方を身に着けている衣服やバッグにかけておく方法はオーソドックスな方法ですが、やらないよりやった方がいいでしょう。
ですが、それ以上に有効で簡単な方法は自分の財布の小銭入れの中に小銭と共に入れておくという方法が、より堅実な方法だと言えます。

続いて、家族と実家で同居している時での鍵の紛失についてです。この時、自分が鍵を紛失しても家族の誰かが在宅なら、家に入ることは問題ありません。つまり、家に入る点ではほぼ問題ありませんが、鍵を失くしたという状況により、その鍵を拾った他人に家へ勝手に入られる可能性が起きるという問題は残ります。

鍵なら千葉の鍵店オフィス紹介サイト♪

従って、一番いいのはいっそのこと玄関を暗証番号入力方式の電子ドアロックへと変更することです。そうすれば、あなただけでなく家人の誰かが鍵を紛失してしまうといったトラブルに、悩まされなくて済むようになるのですから。実家に家族とお住まいの方はぜひ検討してみて下さい。