求人のススメ

求人での応募方法の違いによるそれぞれの利点を知ろう

転職の方法は様々ですが、仕事を探すにあたって、求人案件から選ぶことになります。好みの求人が見つかれば、採用される為に応募することになります。

ところで応募方法は、大きく分類すると2種類になります。人材を募集しているその会社に対してダイレクトに電話をするやり方と、お仕事探しサイトなどを見てWEB媒体で応募する方法です。昨今では後者の応募のやり方を利用している方々が、増える流れにあります。まず前者の直接の電話の方法は、スピードに関する利点があります。
その理由は電話で応募すると、すぐに受け付けが行われる事があるからです。口頭で面接の予約を行う事になる場合がほとんどで、比較的速やかに予約受け付けが完了するようです。

ところが最近では企業が、その電話という応募方法を避けていることがあるのです。というのも電話でのやり取りでは、話だけで受け付けとなります。口頭でのやり取りとなると、色々と聞き間違えなどが発生する危険があるのです。ですから面接予約日時の間違いが発生する場合も出てきます。

近頃では電話ではなくWEB応募を前提にしている企業なども増えています。中にはWEB応募のみの会社も見られるのです。そしてWEB応募には、時間に関する良いところがあります。例えばオフィス関連の仕事に応募するとなると、電話する時間帯を気にする必要があるのです。一般的に昼休みは、面接の電話予約をしない方が無難です。昼休みの時間帯は、多くの会社は休憩時間になるからです。

オフィスワークの場合は、だいたい14時あたりが無難な傾向があります。ところがWEBでの応募方法の場合は、昼夜いつでも連絡をする事ができます。企業に向けて応募情報を送る範囲では、たとえ真夜中でも問題は無いのです。つまり上記の14時などの時間制約が無い訳です。また求人のWEBサイトによっては、ネット応募に対するお祝い金を採用している事があります。10万円などのプレゼントがありますが、そういったことも近頃のネットでの応募の理由の1つです。

Pages: 1 2 3