求人のススメ

未経験でも可能と求人募集に書いてあっても面接で疑問点を聞きましょう

求人の条件にはいろいろなものがあります。求人広告で募集条件の中に未経験でも大丈夫と表記されていた場合、その仕事に関して技術やキャリアが無くても応募できます。しかし本当に何も知らずに応募した結果採用されてしまうと、その後苦労することになります。少なくともどんな部署でどの様な仕事をするのかは面接の時点で解消しておきましょう。

未経験者応募可の職種に多いのは、流通や運送、接客業などがあります。毎日同じ流れの作業のため、日々新しい業務を覚える必要がないために未経験者でも可能としているのでしょう。

技能系のワークは基本的な知識に積み重ねが必要ですので、未経験だと自分が何をして良いかも理解できないこともあるのです。これと比較すると生活に密着した業種の場合、一般常識としてカバーできる部分もありますので、未経験でも覚えることができます。未経験の業種に応募する際には、職務経歴書でアピールできる部分が少ない分やる気を見せなければなりません。応募動機も非常に大切となります。何故未経験からその仕事をやりたいと考えたのかを自分なりに説明できることが必要です。

未経験ならばどんな仕事でも良かったのでは、と思われる前に、そこに応募する決め手となった理由が必要です。応募した理由をイメージでも良いから素直に述べることです。少しでも今までやったことのある仕事の中で関連性がある業務があれば、この仕事が役に立つと思ったと言うと非常に仕事に対して積極的な人と好感を持たれます。自分が持っている資格を生かせる業務であればなおさら良い印象になることでしょう。

本当に未経験の業種の場合、最初は上司や先輩についてやり方を一から学びます。自分でこの方が良いと思う方法があった場合でも、一度全て引き継ぐ様にしましょう。

経験が無い為に気がつく点というのもあるかも知れませんが、長い間そのやり方でやってきたのはそれなりの訳があるからです。

未経験で応募して採用されたとしても、暫くは試用期間でアルバイト扱いになるのが基本です。企業としても本当に雇って良いかどうか判断できていないので試してみる意味でも、入社してすぐに正社員にはなれないのです。新しいキャリアを作ることが可能なのですから、少なくとも3ヶ月から半年はしょうがないでしょう。試用期間で継続して働けそうかどうかなどを見極められ、大丈夫そうであれば正社員扱いとされるのです。

Pages: 1 2 3